スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これを見たら春アニメが分かる(かも)…はたらく魔王さま!、デート・ア・ライブ、断裁分離のクライムエッジ、変態王子と笑わない猫。、ちはやふる2 etc.


春アニメはタイトルが長いの多かったね。

それではいつもの総評やっていきますよっと。







・ハヤテのごとく!Cuties



OP : 春ULALA♥LOVEよ来い!!! 桂ヒナギク starring 伊藤静
ED : ヒロインはここにいる! 綾崎ハヤテ starring 白石涼子
他多数

あらすじ「分かるけど分からない

原作の話をあっちこっちして、1話毎に各ヒロインに焦点を当てていく形式。がしかし、前回の「Can't~」同様、アニメのみの方には不親切な箇所が多い。まぁ、これだけとっ散らかると原作読んでる人くらいしか見ないでしょうし、これはこれでいいんじゃないかと思いますwww
ストーリーのチョイスは可もなく不可もなく、面白くもつまらなくもない、きっと記憶に残らない作品になることでしょう。

オススメ度★★★★☆☆☆☆☆☆



・ゆゆ式



OP : せーのっ! 情報処理部(大久保瑠美、津田美波、種田梨沙)
ED : Affection Mayumi Morinaga

あらすじ「大正義キルミー

今期のダークホース。最初は「な~んだ、いつもの量産日常アニメか…」と食傷気味になっていたんですが、気づいたら「次回、はよ!!」ってなってました。この気持はどこかで味わった気がするとワサワサしていると、「そうだ、キルミーベイベーだ!!」と。きっと同じようなワサワサを感じている人が数人はいるんじゃなかろうか。
とは言っても、大したことない日常ものなので、ハチャメチャが好きな人にはどうかと。

オススメ度★★★★★★★☆☆☆



・あいうら



OP : カニ☆Do-Luck! あいう♥らぶ(中島唯、飯田友子、田村奈央)
ED : いちごいちえ あいう♥らぶ(中島唯、飯田友子、田村奈央)

あらすじ「なんかエロい

脚の描写が唆る。5分アニメとは言え、この作画力は賞賛を送らざるを得ない。そして、そこから繰り広げられるビックリするほどつまらないストーリー。なんだよカニって。あと、短すぎるよ。OPかED削れよ。
ゆゆ式の面白さと、あいうらの作画力が合体して「あいうら式」なんてものが出来たら円盤が激売れワサワサ丸。なんてことを火曜の深夜は考えた人は多かったのでは?

オススメ度★★★★★☆☆☆☆☆



・断裁分離のクライムエッジ



OP : 運命の檻 愛美
ED : 君と二人 YURI*KARI(高橋花林、遠藤ゆりか)

あらすじ「髪が大好きな変態王子と呪われたロリ。

もうちょっとビックリさせてくれる変態性があったら良かったけど、それなりに楽しませてくれる作品だった。不満があるとすれば、バトルシーンに魅力がなかった。演出の仕方が中途半端で、さらりと流すなら流す、ガッツリ過激にするならするでしてほしかったかな。どっちつかずで退屈でしたね。もうイチャイチャだけしてればいいと思うよ。
1話見て「ん?」ってなったら引き返すが吉。

オススメ度★★★★★★☆☆☆☆



・うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%



OP : カノン 宮野真守
ED : マジLOVE2000% ST☆RISH

あらすじ「ST☆RISHがデビューしてからのお話お話

相変わらずのギャグアニメ。1期の時もそうでしたが、これを見る婦女子の方は「はぁ…キュンキュンするわぁ…」ってなるんでしょうか。まぁ、ハーレムアニメを「フヒヒwww」って見てる自分らを見るようなものでしょうかね。
先輩とかHE★VENSとか出すのはいいんですけど、どうも消化不良な感じでしたね。前半の個別をもうちょっと削ってもよかったかも?

オススメ度★★★★★★☆☆☆☆



・はたらく魔王さま!

hm6.jpg
公式サイト

OP : ZERO!! 栗林みな実
ED : 月花 nano.RIPE

あらすじ「異界から来た魔王がマックで働く話

始まる前はあまり話題に上がらない作品でしたが、間違いなく今期№1の内容でしたね。前クールの某作品によって、魔王や勇者に対するアニメのハードルが下がっていたってのもありますがねwww
シリアスとギャグの塩梅も良かったし、作画の崩れも少なかった。あと、何と言ってもちーちゃんが可愛い。ひたすら可愛い。時折変な顔するけど可愛い。おっぱい大きくて可愛い。EDの透けてる水着が可愛い。
まさにダークホース。

オススメ度★★★★★★★★★☆



・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

yo26.jpg
公式サイト

OP : ユキトキ やなぎなぎ
ED : Hello Alone 雪ノ下雪乃(早見沙織)&由比ヶ浜結衣(東山奈央)

あらすじ「ぼっちなようでそうでもない主人公が、嫌われてるようでそうでもない話

考えさせられるようでそうでもない話。つまらないかと言えばそうでもないストーリー。絵がいいかと言われればそうでもない作画。動きは少ないですが、会話劇が意外と面白く飽きさせない作品。
ガッツリとリア充なお方は、理解出来ずに?が浮かぶことになると思いますが、大抵の人は「確かに…」とどこか微妙な気持ちになるかもです。とにかく、戸塚をメインヒロインにしたスピンオフ作品を激しく期待。男とかそういうこまけぇこたぁいいんだよ。

オススメ度★★★★★★☆☆☆☆



・フォトカノ

fk170.jpg
公式サイト

OP : 恋するレンズ hayato kaori
ED : スマイルF うたカノ♪他

あらすじ「カメラで女の子を辱める

アマガミの再来となるかと期待していたんですが、遠く及ばない作品となってしまいましたね。とうのも、前妻方式にするのはよかったんですが、1話という短い尺の都合で、どうも内容が薄くなってしまっているのががが。( ;∀;) イイハナシダナーとは一応なるものの、インパクトは残らない。ライズボールを習得するというアブノーマルさは賞賛に値しますがwww
元々のストーリーが微妙なのもあると思うんですけど、もう少しじっくりやってもよかったかな?

オススメ度★★★★★☆☆☆☆☆



・ちはやふる2

hr103.jpg
公式サイト

OP : STAR 99RadioService
ED : 茜空 瀬戸麻沙美

あらすじ「かるたかるたかるた

相変わらずの面白さ。はずれの回は一切なし。見て損はなし。
2期になって、部活の面々は学年が一つ上がり、新入生も加わる。新入生指導と全国大会くらいしかないのに全然飽きがこなかった。尺伸ばししてる感じはなかったし、むしろ毎回が短く感じる。よっぽど熱中して見てたんでしょうねwww
深夜感の薄いアニメですし、そういうノリが苦手な人にも楽しめる作品になってると思いますよ。

オススメ度★★★★★★★★★☆



・百花繚乱サムライブライド



OP : AI DO 橋本みゆき
ED : 結局、偶然で候 柳生十兵衛(悠木碧)・真田幸村(釘宮理恵)・徳川千(寿美菜子)

あらすじ「つおい人達が蘇って戦い挑まれたと思ったら日本が滅びそうになっていた。何を(以下略)

謎の2期。つまらないかと言われたらそうでもないけど、2期をやるほどのものとは思えない。おっぱい枠が特になかったのかな?
1期で綺麗に終わってたから2期はどうなるかと不安だったものの、わりと綺麗に繋げられたなーとは思ったです。道場がメイド喫茶になっていた時はどうなるものかとwww
流石に3期はないかな?

オススメ度★★★★☆☆☆☆☆☆



・デート・ア・ライブ

dal230.jpg
公式サイト

OP : デート・ア・ライブ sweet ARM
ED : SAVE THE WORLD 野水いおり
etc.

あらすじ「妖精さんをデートで落とす

毎回ニコ生で見るのは苦労しましたわwww
もっと萌え萌えしてるもんかと思ってたら、意外とシリアスなバトルもあり、思いの外楽しめました。各ヒロインも可愛く、ハーレム的な要素も強かったので、個人的には大好物でしたね。インフィニット・ストラトスが好きな人は楽しめるでしょう。あっちよりもハーレム感が弱い感じですかね。
四糸乃可愛いよ四糸乃。

オススメ度★★★★★★★☆☆☆



・変態王子と笑わない猫。

hw82.jpg
公式サイト

OP : Fantastic future 田村ゆかり
ED : Baby Sweet Berry Love 小倉唯

あらすじ「猫地蔵に振り回されるハチャメチャラブコメディ

最初の期待からはどんどん尻すぼみになっていったような。最後は綺麗に締まったんですが、そんなの求めてねぇよ的な。最初の建前と表情を取り戻そうとするだけで1クールだったら良かったかも。無駄に超展開になりすぎて、見てるコッチまで振り回されてしまいました。もっとじっくりスケベしようや。
ま、ゆかりんが一杯喋ってくれたからいいや。

オススメ度★★★★★☆☆☆☆☆



・波打際のむろみさん



OP : 七つの海よりキミの海 上坂すみれ
ED : シーサイド99 むろみさん・ひいちゃん・隅田さん

あらすじ「人魚がやたら喋る

OPが今期で一番好き。フックがあって耳に残る。巷では電波ソングだなんだ言われてるみたいですが、全然そう感じない私は麻痺してきてるみたいです。神前暁にハズレ無し。
とにかくゆかりんが方言で喋りまくる。竜の子プロがわりと本気出してて笑う。大宙ってことで、瀬戸の花嫁を彷彿とさせるが、そこまで面白いわけでもない。15分だからサクッと見れると思いきや、そこそこ内蔵えぐられる。いえちー好き。

オススメ度★★★★☆☆☆☆☆☆



・俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第2期

oi274.jpg
公式サイト

OP : reunion ClariS
ED : ホントの気持ち 高坂桐乃(竹達彩奈)、田村麻奈実(佐藤聡美)
etc.

あらすじ「桐乃が帰ってきてから

まだ終わってないけど、一応終わったので。
1期より更に面白くなってる。主人公の変態さに磨きがかかったのもあるし、ヒロイン'sの好感度がガン上がりなのもデカい。結末が分からないから何とも言いがたいんですが、とにかく1クール面白かった。
今後、どうやらヨスガノ展開になりそうな雰囲気だけど、どういうエンドを迎えるんですかね。はっきりと決着をつけるというよりも、なんか曖昧な感じで終わりそうな気がする。ラブリーマイエンジェルあやせたんとくっつけば良かったのに…。

オススメ度★★★★★★★★☆☆



今期は全体的に面白かったですね。週末にかけて面白い作品が集中してるので、週末が楽しみで仕方がなかった。
切ったのもニャル子さんだけですし、なかなか良クールだったと思いますよ。
夏アニメもどんどん始まってきてますね。これまた面白そうな作品が多く、アニメを卒業する日はまだ遠そうですねwww


ではでは、このブログが誰かの快適なアニメライフの1つになったら幸いです。






のし

【アニメ卒業論文】「ん?なんだって?」について考える



はいさい。

アニメを卒業する予定はないのですが、わりと真面目に考えてみるということで。

今回のテーマはこれ、ん?なんだって?です。

某友達が少ないと謳ってるアニメの某金髪の少年の一言で多少話題になりましたね。

nx105.jpg

ハーレム物で、この表現が多く用いられる気がしますね。
というのも、ハーレム物は「誰も選ばない」もしくは「最後まで結ばれる人以外にも好意を寄せて置かなければならない」という事柄が重視されますからね。かと言って、主人公が本能の赴くままに行動・言動をとってしまうと、どうしてもschool daysのような猟奇的なものになってしまうこともまた確かです。それを解消する為かはどうかは確かではありませんが、個別ルート物が登場します。修羅場になることがなく、それでいて沢山のヒロインとイチャラブが出来るという願ってもない結果にはなりますが、如何せんハーレムとは程遠いものになってしまっています。このジレンマを解決出来ている作品は存在してるのかもしれませんが、まだ日の浅い私のアニメ歴では縁がありません。ToLOVEる ダークネスがどうなっていくのかが今後の鍵になってくると期待しております。

そして、本題の「ん?なんだって?」ですが、これには2パターンの理由が存在してると思われます。

①聞こえているのに、聞こえていないフリをする。

②本当に聞こえていない。

①は、その某友達が少ないアニメでツッコまれていましたし、2クール目のオチと言ってもいいような使われ方をしていました。これなら、上で説明したように、視聴者を悶々とさせる演出方法として納得出来ますし、多少のリアリティがあります。

②についてが問題です。コチラは量産されてることもあり、個人的には悶々よりも苛々が募ってしまいます。乗り物の騒音であったり、突然の風が妨害したり、「おいおいwww」と言わざるをえません。これには、「お前ら邪魔してやったぜ。これでお前ら悶々とするんだろww」という邪悪な部分が見え隠れしています。勿論、これは言い過ぎだとは思いますが、少なからずその意図は内包されている気がします。悔しい…でも…。

視聴者には聞こえているが、主人公には聞こえていない」というパターンも多くあるのは分かっています。そりゃ、アニメなんですから、本気で何言ってるか分からなかったら「へ?」ってなりますからね。それはそれで、主観アニメとして面白いとは思いますが、美少女ゲームで事足りることですからね。

とまぁ、短いですがこんな感じです。注目する部分を絞りまくれば、なかなか考え深いものがあります。


結論

玄田哲章さんが主人公で、「お前ら、俺を奪い取ってみやがれ」という、ギャグハーレム物が見てみたい。夜の営みをしても「ふむ、なかなか良かったぞ。だが、その程度では俺にふさわしくない!!」という、簡単に一線を超えてしまう展開でオナシャス。この中に…の強化版といった感じでしょうかね。

何が言いたかったのかと言うと、

dh25.jpg

ki1.jpg

on18.jpg

kst1.jpg

oak16.jpg

gj46.jpg

nx15.jpg

dal101.jpga>

hw26.jpg

oi172.jpg


ハーレム物が大好き!!





のし

今期最強ヒロイン


中途半端な時期ですが、今期のヒロインについてレビューしていこうと思います。

なんでかってーと、毎クールブヒブヒ言ってるのに新アニメが始まると忘れちゃうっていう、所謂1クール嫁が多発するため、その予防に。

ではリストアップ。




・四糸乃

dal156.jpg

CV:野水伊織
数々の魅力的なヒロインがいる中での一番。狂三とちょっと迷いましたね。
無口&ロリという最高の組み合わせ。パペットの設定は特にいらなかった気がするけど、まあよし。
デート・ア・ライブより


・フレンダ=セイヴェルン

tr112.jpg

CV:内田真礼
情報量が少ないんだけど、GJ部の部長みたいで可愛い。地味に強いのに、どこか抜けてる感じがしてハマった。服装が好き。でも、なんか巨乳さんに殺されそう気がしなくもない。
佐天さんも捨てがたいが、どうせだったら2期ならではということでフレンダ。
とある科学の超電磁砲より


・柳生 義仙

sb12.jpg

CV:水原薫
エロい。エロを狙ってるアニメなのにエロさを感じないこの作品の中で、唯一エロい。
今のところは、扉一枚挟んでの登場が多いが、最終回までに一回くらいデレるんじゃないかと期待している。いや、もしかしたらもうデレてるのかもしれない。というか、1期の内容を覚えていない。
百花繚乱サムライブライドより


・大江 奏

hr94.jpg

CV:茅野愛衣
正義のロリ巨乳。呉服屋の娘だったり、スタイルだったり、性格だったりとスペックが高すぎる。この見た目なのにおかんっぽいのもまた良し。今のところ誰にもフラグ立ってないっぽいんで、個人的には机くんとしっぽりやってくれたら嬉しい。読み手ジャンキー。
ちはやふるより


・小豆 梓

hw14.jpg

CV:石原夏織
ひたすら可愛い。勿論月子も鋼鉄の王も可愛いけど、飛び抜けてる。そんで、私のフェチである「報われない属性」をビンビン感じるのもポイントが高い。一番主人公のことを想ってるのに報われない系ヒロインはやっぱり良いものだ。
変態王子と笑わない猫。より


・新垣 あやせ

oi90.jpg

CV:早見沙織
ラブリーマイエンジェルあやせたん。画像に悪意はない。
嫌いなものでも親友ために理解を示そうとしたり、どことなく京介に好意を寄せているように見えなくもないのが素晴らしい。
地味子と迷ったのだが、いかんせん登場が少なすぎた。1期なら間違いなく地味子だっただろう。
俺の妹がこんなに可愛いわけがないより


・むろみ

nm7.jpg

CV:田村ゆかり
他に選択肢がない。ゆかりんだし。方言萌えにはたまらないはず。
波打際のむろみさんより


・瀬川 泉

hg107.jpg

CV:矢作紗友里
3馬鹿の内の1人。そんなに登場も多くないし、良い立ち位置でもないのに不動の人気を誇るキャラ。恥じらいながらも、エロス担当をこなしていく姿に心を奪われた人も多いのではないでしょうか。「いじめられるの好きだから」の一言が人気に火をつける。個人的には若干ハムスターとキャラが被る。
ハヤテのごとく!Cutiesより


・武者小路 祝

db18.jpg

CV:小岩井ことり
庇護欲を唆るヒロイン。髪型がちょいちょい変わったり、意外にエロかったりで、今期のダークホース的な存在。が、肝心の作品は最近ダレ気味www
もう少し、主人公とのイチャイチャがあってもいいかも。謎の彼女Xにも劣らない変態性を持ってるので、この後の展開に期待したいところ。
断裁分離のクライムエッジより


・うたの☆プリンスさまっ♪マジラブ2000%

ml20.jpg

該当者なし

のんけなもんで。


・早倉 舞衣

fk56.jpg

CV:金元寿子
まだメインの話は放送されてないですけど、きっと一番のヒロインだと思います。次回のメイン回に期待。ライズボールさんも中々良かったんで、ちょっと悩んだ。
この手のアニメは、メイン回で印象が変わるから難しい。もしかしたら他のヒロインに浮気するかもしれない。
フォトカノより


・戸塚 彩加

yo94.jpg

CV:小松未可子
重大な欠点がある気がしなくもないですが、それを差し引いても圧倒的ヒロイン。主人公の考え方にはあまり共感できないのだが、こと彩加に関しては完全に同意。女の子よりも女の子してる。
みかこしの微妙な演技力も何故かクルものがある。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。より


そして、今期の最強ヒロインは、

佐々木 千穂

hm19.jpg

hm45.jpg

hm76.jpg

hm75.jpg

CV:東山奈央
異論はないでしょう。そして、説明する必要もないでしょう。

はたらく魔王さま!より



あくまで個人的な見解ですので、そこら辺よろしく。
見ていないアニメもあるので、そのへんのヒロインも気になるところですね。







のし

とある科学の超電磁砲S 5話



あいちゃったンゴww

そんじゃ、超電磁砲の5話が衝撃的だったのでレビューします。


tr51.jpg

|д゚)チラッ

禁書目録だか超電磁砲でもあった、妹のパンチラ。エロスが皆無のこのアニメにおける唯一のオアシス。恥じらいがないのが少し残念なところ。

tr54.jpg

♪~(´ε` )

片鱗はあったものの、妹が表情豊か(?)になってて面白い。無表情、平坦な声からの戯け方が楽しい。進み方がゆっくりで「次はよ」って思うこともありますが、きっと細かくやってくれてるんでしょうから、そこまで気にならないかな。

tr57.jpg

オラオラオラオラオラ」「無駄無駄無駄無駄無駄

なお、ジョジョはほとんど知らないっす。
クローンってこともあって趣味趣向まで似てるようですね。カエルのバッチをここまでして取り合うとは。これがまさかこの後に生きてくるとは思いもよらなかった。

tr61.jpg

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

やっぱり一方通行さんはこうじゃないと。禁書目録で丸くなってるのは、個人的にはそんなに嬉しいことではない。こんくらいの、本気でイラつく畜生なのが、悪役の美学ってもんですよね。そんなに深く知らないから、悪役じゃないのかもしれないけど。

tr66.jpg

(/_;)

最後はいい感じでしたね。なるほど、こうなるのかと。「さようなら」の部分で、うっすらとそうなるんだろうなって予想してましたが、感動とはまた違う、不思議な感情に陥りましたね。


これから何話あるのか知りませんが、この回が神回となることは間違いないでしょう、とミサカは言ってみます。





そんで、最近新しいブログでも始めようかなと思っています。








のし

フォトカノ5話



軽く衝撃を受けたので、これはレビューせずにはいられない。

これまで何人かの女の子が登場し、誰とくっつくわけでもなくよろしくしてたのに、いきなりドラマチックハードコアになった。

fk56.jpg

前回の流れから、エロ本を見つかったイカちゃんに、

これはイカんじゃないか。通報するでゲソ

っていう、これまでの眼鏡ちゃんにしてたような、ゲスい展開を主人公がされることになるのかと思いきや、

fk76.jpg

いきなり新見さんのルートらしき展開になり、さらに少女漫画よろしく、エモーショナルな恋愛ものになり、正直驚きを隠せない。アマガミ的な、各ヒロインを順番に攻略していく前妻システムになるのだろうか。
まぁ、ただ個別ルートに突入しただけなら良かったのだが、何故か脚本がいまいち。私がフォトカノにこういう重さは求めていないってことも関係してるでしょうけど、それでもどこかチグハグ。おそらく、導入の説明がないままだったのが痛い。助走なしで急にラストスパートかけたみたいな感じ。これまで「新見さん」とか言ってそれなりに距離感があったのに、急に恋愛関係間近まで縮まる。幼馴染設定とかあるにしても詰め込み過ぎて入ってこない。

なーんていう残念さ。

まぁ、きっと1クールで終わりでしょうし、その尺にこの大量のヒロインを詰め込むとなればこうなってしまうのは仕方がないでしょう。もしかしたら新見さんで貫き通すのかもしれないが、それにしては早すぎるので、きっとそれはないかな。原作の宣伝とは言えもうちょっと頑張ってほしいな。

これからくるであろうイカちゃんとクッキング巨乳さんに期待してる。

fk11.jpg

たまらん

fk29.jpg

たまらん

fk32.jpg

さようなら

眼鏡好きなのに、コイツは1ミリもグッとこない不思議。










のし

<<前のページへ 次のページへ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。