スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期最強ヒロイン


中途半端な時期ですが、今期のヒロインについてレビューしていこうと思います。

なんでかってーと、毎クールブヒブヒ言ってるのに新アニメが始まると忘れちゃうっていう、所謂1クール嫁が多発するため、その予防に。

ではリストアップ。




・四糸乃

dal156.jpg

CV:野水伊織
数々の魅力的なヒロインがいる中での一番。狂三とちょっと迷いましたね。
無口&ロリという最高の組み合わせ。パペットの設定は特にいらなかった気がするけど、まあよし。
デート・ア・ライブより


・フレンダ=セイヴェルン

tr112.jpg

CV:内田真礼
情報量が少ないんだけど、GJ部の部長みたいで可愛い。地味に強いのに、どこか抜けてる感じがしてハマった。服装が好き。でも、なんか巨乳さんに殺されそう気がしなくもない。
佐天さんも捨てがたいが、どうせだったら2期ならではということでフレンダ。
とある科学の超電磁砲より


・柳生 義仙

sb12.jpg

CV:水原薫
エロい。エロを狙ってるアニメなのにエロさを感じないこの作品の中で、唯一エロい。
今のところは、扉一枚挟んでの登場が多いが、最終回までに一回くらいデレるんじゃないかと期待している。いや、もしかしたらもうデレてるのかもしれない。というか、1期の内容を覚えていない。
百花繚乱サムライブライドより


・大江 奏

hr94.jpg

CV:茅野愛衣
正義のロリ巨乳。呉服屋の娘だったり、スタイルだったり、性格だったりとスペックが高すぎる。この見た目なのにおかんっぽいのもまた良し。今のところ誰にもフラグ立ってないっぽいんで、個人的には机くんとしっぽりやってくれたら嬉しい。読み手ジャンキー。
ちはやふるより


・小豆 梓

hw14.jpg

CV:石原夏織
ひたすら可愛い。勿論月子も鋼鉄の王も可愛いけど、飛び抜けてる。そんで、私のフェチである「報われない属性」をビンビン感じるのもポイントが高い。一番主人公のことを想ってるのに報われない系ヒロインはやっぱり良いものだ。
変態王子と笑わない猫。より


・新垣 あやせ

oi90.jpg

CV:早見沙織
ラブリーマイエンジェルあやせたん。画像に悪意はない。
嫌いなものでも親友ために理解を示そうとしたり、どことなく京介に好意を寄せているように見えなくもないのが素晴らしい。
地味子と迷ったのだが、いかんせん登場が少なすぎた。1期なら間違いなく地味子だっただろう。
俺の妹がこんなに可愛いわけがないより


・むろみ

nm7.jpg

CV:田村ゆかり
他に選択肢がない。ゆかりんだし。方言萌えにはたまらないはず。
波打際のむろみさんより


・瀬川 泉

hg107.jpg

CV:矢作紗友里
3馬鹿の内の1人。そんなに登場も多くないし、良い立ち位置でもないのに不動の人気を誇るキャラ。恥じらいながらも、エロス担当をこなしていく姿に心を奪われた人も多いのではないでしょうか。「いじめられるの好きだから」の一言が人気に火をつける。個人的には若干ハムスターとキャラが被る。
ハヤテのごとく!Cutiesより


・武者小路 祝

db18.jpg

CV:小岩井ことり
庇護欲を唆るヒロイン。髪型がちょいちょい変わったり、意外にエロかったりで、今期のダークホース的な存在。が、肝心の作品は最近ダレ気味www
もう少し、主人公とのイチャイチャがあってもいいかも。謎の彼女Xにも劣らない変態性を持ってるので、この後の展開に期待したいところ。
断裁分離のクライムエッジより


・うたの☆プリンスさまっ♪マジラブ2000%

ml20.jpg

該当者なし

のんけなもんで。


・早倉 舞衣

fk56.jpg

CV:金元寿子
まだメインの話は放送されてないですけど、きっと一番のヒロインだと思います。次回のメイン回に期待。ライズボールさんも中々良かったんで、ちょっと悩んだ。
この手のアニメは、メイン回で印象が変わるから難しい。もしかしたら他のヒロインに浮気するかもしれない。
フォトカノより


・戸塚 彩加

yo94.jpg

CV:小松未可子
重大な欠点がある気がしなくもないですが、それを差し引いても圧倒的ヒロイン。主人公の考え方にはあまり共感できないのだが、こと彩加に関しては完全に同意。女の子よりも女の子してる。
みかこしの微妙な演技力も何故かクルものがある。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。より


そして、今期の最強ヒロインは、

佐々木 千穂

hm19.jpg

hm45.jpg

hm76.jpg

hm75.jpg

CV:東山奈央
異論はないでしょう。そして、説明する必要もないでしょう。

はたらく魔王さま!より



あくまで個人的な見解ですので、そこら辺よろしく。
見ていないアニメもあるので、そのへんのヒロインも気になるところですね。







のし

【企画】劇場版とかどう?【名探偵コナン】




おひさしブリーフ。

ニコニコ動画で「灰原哀まとめ」的なものを見て股間にティンときたので、最近コナンがマイブームっす。そんで、コナンを全巻読破するか、TV版を見まくってレビューしようかと思ったんですけど、流石に多すぎて止めましたwww


そこで、



劇場版とかどう?


って感じにしました。
ネタバレはしないようにするんで、是非一度ご視聴を。意外とおもろいよ。
そんじゃ、新しいものから遡ります。


⑯11人目のストライカー

11人目のストライカー

サッカー関連の話。一番新しいこともあって、作画的にだったり、演出的な部分であったり、迫力が増している部分があることは確かだが、ストーリーはイマイチ。ちょいと感動的ではあるものの、ちょっと現実成分を取り入れ過ぎたせいでコレジャナイ感が。サッカー選手の声優起用だったり、ミヤネ屋だったりね。哀ちゃんの不機嫌が可愛い作品。
あと、容疑者のプロデューサー的な人と、カメラマン的な人の含みはなんだったのだろうかwww

名台詞はコナンの白だ…

私にも見せろよ。


⑮沈黙の15分(クォーター)

沈黙の15分

雪山の話。推理的にはそこまでではないんすけど、スノボーシーンは尋常じゃない壮大さ。大勢の人をコナン1人で助けてしまうのはいつものことだが、今回に限っては流石に苦笑い。視聴者の全員が「いやいやいやwww」ってなるでしょうねww
あと、戦場カメラマンが出てましたね。出てくる必要のないキャラだったけど、わりかし声はよかったですね。演技はうんこだったけどねww
劇場で見てたら、もっと楽しめた作品かもしれないっすね。

名台詞はコナン?の俺はふくろうが良いと思うぞぉ~

どれでもいいわww


⑭天空の難破船(ロストシップ)

天空の難破船

蘭がキッドに乗り換えるのかとヒヤヒヤしましたが、それはなかったっす。勘違いですしねww
この作品は、バイオテロだったり、飛行船ジャックだったり、怪盗キッドだったりの盛りだくさんで、結構面白かったです。流石にサッカーボールをぷく~ってやっちゃったところは「おいおいww」ってなりましたがね。
そんで、やっぱり哀ちゃんが可愛かった。いつものジト目が若干の嫉妬に見えるところがまた憎い。子供はこういう見方をしてないんでしょうがww
あと、おっちゃんはいつも通りの役立たず。

名台詞はキッドの泥棒は盗むのが商売、それが人の心でもね

くさいww


⑬漆黒の追跡者(チェイサー)

漆黒の追跡者

なかなか人気の高い作品。黒の組織との対決がメインのため結構緊迫感がある。
けど、個人的にはそうでもなかったかな。順番に誰かが殺されていく王道系が好きなため、推理性が低いこの作品はそこまでヒットしなかった。どちらもってなったら重いんだろうから仕方がないと言えば仕方がない。
そんで、アイリッシュとかいうヤーツがよかった。あの殺人的な強さを持つ蘭とも対等に渡り合ってたし、なんとなく最後はカッコよかった。惚れる。
DAIGOも出てたね。予想通りの棒だったけども、そこまで悪くはなかったよww

名台詞はジンの何だ、何者なんだ…?


何故分からないしwww



とまぁ、今回はこんなもんですかね。そこまで期待してなかったけどなかなか面白かったんで、時間が出来たらもっと遡ってみようかと思います。やっぱり最初の方が人気高いみたいですし。
劇場版は蘭とコナンのフィーチャーが多いっすけど、もう少し哀ちゃんの活躍がみたいっすね。






のし

【企画】たまにはボーカロイド2【初音ミク】



去年に引き続きのこの企画。そして、またしてもミクの日を過ぎてしまうという失態。

いやしかし、最近はボーカロイド曲を聴くことが少なくなってしまい、そこまで発掘出来てない状況。とりあえず、マイリスに残ってるのを聴き直して、オススメのものを紹介していこうかなと思います。


こんなんもあるから聴いてみそ?


って感じの企画で。


①uzP



エモいっ!!

≠エロい
バンドやってる人にウケそうな曲ですね。少しだけビビった感じのマスタリング(かどうかは知らないけどw)、盛り上げを意識した展開、エモーショナルなサウンド。爆音で聴くと、まるでライブハウスにいるんじゃないかというほどに。2年ほど前の曲ですけど、たまに聴きたくなりますね。


②紗夜



SIB

前線を走ってるような緻密なサウンドというわけではないし、調教もそこまで上手くはないと思うんですけど、シンプルなものがガツンと伝わってくる。後半にかけてジワジワと盛り上がっていく様は、映画のラストシーンを見ているような感覚。マイリスがないので他の曲は知らないんですが、期待の新人さんだと思います。


③ライブP



ファズサウンドがたまらん

ミクの日だというのにリンの曲というww
ネタっぽい曲ではあるんですけど、サビのメロディだったり、ギターのフレーズだったり、なかなか拘りが見えて楽しいですね。動画もティンとくるものがありますし、オススメです。有名ですけどねww


④ねこぼーろ



ノスタルジック

どこがと聞かれたら困りますが、どことなく郷愁を感じるような気がします。映像も凝ってて、こういうのを才能があるんだなって思わせるような、そんな楽曲。静かに始まり、静かに爆発する。雨の降る薄暗い午後に聴いたらグッときそうです。知らないけどwww



敬称略



やっぱり少しばかり古い曲が多めになってしまいましたね。
今は発掘する力がないので、どうしてもランキング上位のものくらいしか追えてないんですけど、それらの曲たちは自分にはヒットしないんですよね。完成度は高いし、サウンドや調教のレベルは飛躍的に進化してるとは思うんですけど、グッと来るものがないというか、ただそれだけのものが多いといいますか。ムーブメントがそうなってるようなので仕方がない気がしますね。
そんな中で、「これ聴いてないなんて人生してる」的な曲があったら教えていただけると幸いです。


番外編




この発想はあったww









ではでは、のし

これからのアレコレでやれやれ



数日前に財布を紛失。しかも誕生日だというのに。


なんて日だ!!


まぁ、見つかったので一安心ですがwww



そんなことは関係なくて、今回は数少ないブログ訪問者にご報告をば。


毎話アニメレビューをお休みしようと思います


お休みという名のアレになっちゃうかもですが、なかなか時間が取れずに更新が滞ってしまっているので、この際だからきっぱりと断ち切ってしまおうかなと。切りの良いところまではいきたかったんですがね。

そもそも、企画系を更新しようと思って始めたというのに、どうしてこうなったのかww
これからは、週一くらいで更新していけたらいいかなと思ってます。
とは言っても、アニメもちょいちょいと見ていきますし、総評とかは続けていこうと思うので、よろしくです。


そんで、これからやろうとムフフしているものは、


ニコ生一挙放送レビュー

過去作レビューをしようと思っていたのに、未だにほとんど手を付けられてない状況だったし、そもそもどれからやろうか難しいところだったので、最近マイブームの一挙放送を皮切りにやっていこうと思ってます。勿論、リクエストがあれば応えますよ(/ω・\)チラッ

アルバムレビュー

知人がやっているのをパクっ…リスペクトして、アニソン・声優・ボカロといったサブカル的な音楽物をレビューしていけたらいいなと思ってます。最近、GRANRODEOのベストを買って思いついた次第。

関係ないことでも更新しちゃおう計画

出来るだけアニメ関連のものを取り扱おうと思ってやってきましたが、趣味が広範囲に及ぶため、だったらレビューしてやろうじゃねぇかよってヤーツ。野球だったり、楽器だったり、お笑いだったり、ラジバンダリ。


と、こんな感じで。

が、シュタゲのレビューだったり、電撃ストライカーだったり、コナンの劇場版レビューだったり、まだまだ消化しきれてないものが沢山あるので、上手くいくかどうかは謎www


とりあえず、あんこ姫は俺の嫁ってことでww

tm3.jpg







のし

【企画】美少女ゲームやってみたよ3【DEARDROPS】



第3段。

「キラ☆キラ」、「キラ☆キラ カーテンコール」とプレイして、次なる作品はこちら、







「DEARDROPS」







です。


オバイブ作品3つ目ですwww



ドイツのオーケストラ「ドイツ・フィル」で将来を有望視されていた主人公。とある事情で将来を閉ざされ、また家族にも見放され失意であった主人公が地元の「撫子町」にあるライブハウス「ライブスペース696」に住み込むことになる。そこで知り合うさまざまな経歴を持つ人物たちとバンド「DEARDROPS」を結成。それぞれの思惑、過去のしがらみ、試練を仲間とともにどのように乗り越えていくのだろうか…@wiki



この作品もバンドをフィーチャーした内容だったわけですけど、あまり心に残るところはなかったですね。
もちろん、前作と比べるとバンドにより密着して、音楽的な要素は増えたような気がするんですけど、何か物足りないと言いますか、良くも悪くも「普通」と言いますか。
ハプニングも多くあり、乗り越えるべき壁が次々に登場してくるわけなんですが、ワクワク感が薄いんですよね。
まぁ、とりあえずプレイしたルート順に。



・りむ

きっとプレイした人の多くがこの感想を持ったことでしょう。「短っ!!」と。
別に短いことを悪いとは思わないし、むしろ歓迎するくらいなんですけど、それをカバーするほどの内容がなかった。共通ルートのところで力を使い果たしてしまった感じがしましたね。母親の再婚からくる、新しい父親「タマノ」とのやり取りだったりするわけなんですけど、特に問題も起きず、ただただ話が流れていってしまった気がする。
個人的に1番好きなキャラだったけど、なんか不遇な感じがして残念だった。


・弥生

りむよりももっと不遇なこのキャラ。量的にはりむとさほど変わらないと思うが、なんてことない普通のストーリー。
ギターが大好きなんだけどそのことで進路に悩んだり、ギターを壊して落ち込んだり、修理して戻ってきたと思ったら盗難にあったり、結構あるあるなことで感動も特になかった。
ただ、イジられたら多少のことは実行したり、超ギター上手かったり、実は1番ロックなキャラなんじゃないかなww
キャラデザは結構好きだったりするかも。


・かなで

正統派ヒロインなのかな。幼馴染で、歌が好きで、ちゃっかりデビューしちゃったりして。
このルートはそれなりの量があった気がします。自分の歌への愛情に気づくところから、苦労するところまで。
ただ、このルートはスガショーのルートでもあったかな。ヨハンとの決着をつけた唯一の話ですし。
いい話ではあったけど、そこまでかなでの歌にヒットしなかったのがちょっと残念ですね。確かに元気にはなれそうですがww


・律穂

律穂のルートということですけど、個人的には権田さんのルートだと思ってます。そんでDEARDROPS全員のルートだと思います。というかそうです。他のルートより若干律穂が目立ってるくらいですwww
このルートは1番の量を誇るだけあった、それなりにいい話です。権田さんのところでは涙せずにはいられませんでした。あとは、別になんてことなかったです。上手くいきそうなところに障害が立ちはだかり、乗り越えたと思ったらまた上手くいかないの繰り返し。もうちょっとスマートにできたんじゃないでしょうか。
最後にかけてのワクワク感はあったけど、ちょっとだけ引き伸ばしてる感じがしたので残念でした。



ふぅ…。
酷評っぽく書いちゃったかもしれませんが、全体的には普通に面白かったです。「普通に」ですが。
1番惜しいなって思うところ挙げるとすると、音楽に関わる部分ですかね。
曲作りしてから披露するまで、ライヴシーンでの「YEAH---」「ウォォオオ」の部分。練習してる時の必死さ。そこら辺が惜しかったですね。オバイブさんたちならもっと出来ると思うんですがねww
良かったのもまた音楽だったりするんですけどね。バンドの曲もBIG MAMAみたいでかっこ良かったし、BGMも雰囲気にマッチしてて気持ちよかったですし。その辺に関しては流石だなと思いましたよ。



キラ☆キラと比べると、ちょっと見劣りしちゃうかなってくらいで普通に良作だと思いますよ。
やって損はないと思います。



Let's ロックンローーーーール!!









次は電ストですかね。





ではでは、のし。

<<前のページへ 次のページへ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。