スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日2時間しか寝てね~よ…水曜アニメ!!



若い頃は。何故寝てないことをかっこいいと思うのだろう?

ふあぁ~、水曜アニメをレビューしていきます、むにゃ。






・にゃんぱいあ9話

はじめてのおつかい。
今回は、茶々丸が良い子だよって話にゃ。
主におつかいを頼まれたけど、遊びに夢中のにゃんぱいあの代わりに茶々丸がおつかいに行ったにゃ。
そんで、それを知らされたにゃんぱいあは茶々丸を探しに行くにゃ。
そしたら、友達?に色々言われて、むきになった探しまくったのにゃ。
ほいで、気が付いたら知らないトコにきてて、にゃんぱいあは迷子になってしまうにゃ。
そん時に、茶々丸がナイスプレーでむかえにきて、めでたしめでたしにゃ。
短いから、内容全部書いてもおさまるにゃw


そいじゃ、水曜企画の過去作レビューしていきますよっと。
今回紹介する作品は、「おおきく振りかぶって」です。

ストーリー
主人公の三橋 廉(みはし れん)は中学時代、祖父の経営する群馬県の三星学園野球部でエース投手だったが、チームメイトからは「『ヒイキ』でエースをやらせてもらっている」と疎まれ続け、極端に自虐的な暗い性格になってしまう。その暗い思い出を拭うために埼玉県の西浦高校へと進学する。

西浦高校には、発足したての野球部(正確には軟式野球部が硬式野球部になった)があり、部員は新入生ばかり10人。しかも監督は、若い女性という部活だった。部員不足の野球部で、三橋はまたもエースを任せられるが……。

個性の強い部員達、弱気で自虐的なエース等々、様々な問題を抱えながらも、人間として、野球部としての成長を描く。@wiki


とりあえずヴァンパイア作品はネタ切れしたので、ちょっとスポーツものでも、これからレビューしていこうかなって思ってます。

今回のおおきく振りかぶっては、最近のスポーツものでは1番好きです。
なんと言っても、スポーツ作品によくある必殺技的なものが特にないw普通は、160k/mの速球を投げられるだとか、打率7割を超える強打者とか、通天閣打法とかあるもんじゃないですか。
いや、ドカベンをディスってるわけじゃないよw
それに比べ、普通の高校生野球部が甲子園を目指す話なのに、泣ける。
これは、中学まで野球やってたからってのもあるかもしんないけど、こんなにリアルな野球ものは他に知らないです。
最初見た時は、なんかキャラの個性を捕えられずに、皆同じキャラに見えてたけど、何回も見るうちにどんどんキャラの個性がたってきて、すごく面白くなっていきましたね。


語ったら終わらないのでこのくらいに。
漫画早く再開してほしいですね。ファイッ

野球がよく分からない人にもオススメなんで、是非。
毎回思いますが、回し者ではありませんw







のし
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。