スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【企画】美少女ゲームやってみたよ2【キラ☆キラ カーテンコール】



第2段。

前回、「キラ☆キラ」をレビューしたわけですが、今回はそれのスピンオフ作品の




「キラ☆キラ カーテンコール」



をプレイしてみました。



本作品は鹿之助たちが卒業した後の物語であり、第1部では欧美学園の数年後を描いた物語、第2部では前作に登場したバンド「HAPPY CYCLE MANIA」を中心としたそれぞれのその後を描いた2部構成となっている。@wiki

にあるように、2部構成で出来ていました。






正直、2部の方しか印象に残りませんでしたねwww



1部の鹿之助の妹たちの話も面白かったんですけど、2部の村上の活躍が強く印象に残りましたね。


きっと全てが上手くいくことが分かってはいる。大体のゲーム・アニメがそういう結末になりますからね。でも、それでも葛藤しているものが妙に生々しくて、先が見えない不安が伝わってくる。これは結構すごいことだと思いますね。

あと、「キラ☆キラ」の時にあった重々しさがあまり感じられなくてよかった。あれはあれでたまらないんですが、感情に触れるものが重いものよりも、温かいものの方が好きなもんで。

そして、最後に怒涛に押し寄せてくる「くるぞ…くるぞ…」感。
前作のキャラが続々登場して、違っていたベクトルが一時でも同じ方向を向き、向かうところ敵なしな状況になった時にはたまらなかったですね。プレイしてる私には「太陽」のようで眩しくで仕方がなかったですねwww



何よりよかったのは、「短い」ところでしたね。
スピンオフということもありますが、半日ほどで終わるこの量が丁度よかったです。それでいて満足できましたし。
しかも、個人的にライブを控えてるということもあって、すごい刺激になりましたね。もちろん、登場人物たちのように本気とは程遠いバンドではありますが、それでも感じ取るものがあった気がします。



2作品通して感じたのは、


くそったれなことも、ファッキンなことも、そんな小さなことはロックの力で吹き飛ばしてしまえ


ってことですかね。









次回は、DEARDROPSのレビューになると思います。電ストもありますけど、それはまだまだ先になりそうですwww




ではでは、のし
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。