スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゅんちゃんさんしょくいーぺーこー…水曜アニメ!!



溜まってた商品が一斉に送られてきた時の恐怖。ええ金欠です。


とゆーわけで、水曜アニメをレビューしていきます。




・にゃんぱいあ4話

う~ん、今回は微妙だったw
ただ、にゃてんしの過去話に付き合っただけとゆー。
しかも、オチは見え見え過ぎるしw
まぁ、このアニメは大爆笑を誘うものでもないわけですし、サラっと無心で見るのが正解な気がします。
水曜アニメ、も1個くらいほしいぬ。




そんじゃ、自分の中では定番となってきた過去作レビューしていきますかね。

今回は、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」をレビューしますよ。

幼い頃は仲が良かった宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道ら6人の幼馴染たちは、かつては互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスターズ」という名のグループを結成し、秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、高校進学後の現在では疎遠な関係となっていた。

高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていた仁太。そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。芽衣子の姿は仁太以外の人間には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを探っていくことになる。それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた6人は再び集まり始める。@wiki


あまり過去の作品だと記憶が薄れているので、1クール前少し話題になったあの花をレビューしますね。

結構ありがちの設定ではあったと思います。ひきこもり、死んだ好きな人が現れる、友情と、どれも珍しくはないですね。
けど、おもしろかったw
第1話からすでにクライマックスで、つまらない回が1話もなかったぬ。
最初あなるとゆーあだ名に吹いてばかりいましたが、最後は名前を聞くだけで泣きそうになりそうでしたねw
最近は、そんなにガツンと泣かせにくる作品が少なかったのもあるのかと。
全11話とゆーこともって、さらっと見れるので、ぜひ。



過去作レビューは基本これおもしろかったよって紹介するだけなので、あまり期待しないでくださいw


のし






「めんま、見~つけた~;;」
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。