スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【企画】最新作だけじゃなく、過去作にも注目!!【あの花】



こんちゃ。

本当は本編レビューはおまけで、こういう企画をやっていこうと思ってたんですけど、やっぱり量が多いとそうもいきませんねww


そして、今回レビューする過去作は




あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。





通称「あの花」です。



最近また見て、感動が蘇ってきたんでレビューしていこうかと。


・あらすじ@wiki

幼い頃は仲が良かった宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道ら6人の幼馴染たちは、かつては互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスターズ」という名のグループを結成し、秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、高校進学後の現在では疎遠な関係となっていた。

高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていた仁太。そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。芽衣子の姿は仁太以外の人間には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを探っていくことになる。それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた6人は再び集まり始める。



人気があるのは言うまでもないですね。その人気の分、アンチがいることも分かってますんでお手柔らかにww
過大評価されてるアニメらしいですが、それは人気の証拠だと私は思います。

あの花1
まずは第1話。1話にして面白かったですね。
死んだ幼馴染み、あなる、秘密基地、引きこもり。気になる要素がいっぱいでしたよね。

あの花2
そして第2話。あなるの可愛さが爆発の回。
じんたんがめんまの為に動き出していく。的外れなことばかりだが、そこにみんなの気持ちは…。

あの花3
第3話。次回予告のめんま(仮)が話題にww
まさかの…。

あの花4
そんで第4話。かの有名なゆきあつ事件がww
ここでゆきあつの評価はどうなったんでしょうかね。私は上がりましたww

あの花5
そして第5話。あなる回。
ゆきあつさんが前回の失態を挽回するかのように、あなる助ける。流石やで。

あの花6
第6話。じんたんが恥ずかしい回。
授業中寝てて、夢で「ゆわぁぁあああ!!!」ってなって起きるくらい恥ずかしいww
伏線も増えてくる回です。

あの花7
そろそろ第7話。最後の願いに辿り着く。
花火を作るためにバイトしたり、しなかったり。
名言の「かっけーんすよ、じんたんは」が生まれる。ウルッときます。

あの花8
第8話。あなるの告白。切ない。
そして、めんまの存在を認めはじめてくるみんな。

あの花9
第9話。みんなが昔のように戻ってくる。でも、そこには歪みも生じていたり…。
つるこが切ない。

あの花10
終盤の第10話。ここらへんから涙がとまりません。
花火が無事あがるもメンマは成仏しない。そして、みんなの気持ちはすれ違い…。

あの花11

あの花12
そして、最終回。
見つけたよ、めんま。


こんな感じです。
泣けるとは言いますが、結局は個人の感性なのでなんとも言えません。
ただ、私は泣けました。そんで、いい最終回だとも思いました。

BDが売れたのも納得のできだと思います。買って損はないと言い切れます。回し者ではないですwww

このアニメの効果で地域活性化できてるのもいいですね。アニメが世の中に浸透していくのは、ヲタとしては嬉しいことでもあります。そっとしておいてほしい面もありますがwww



ということでレビューは終わります。
このブログをきっかけに1人でも見始めてくれたり、感動を共有できたら嬉しい限りです。








のし
スポンサーサイト

コメント:

みぃぷち : 2012/04/12 (木) 16:25:18 修正

あらすじ分かりやすいです!
アニメみたことなかったんですが…
今めっちゃみたい!!です!笑

Re: おおりらくまん : 2012/04/12 (木) 18:33:51 修正

> あらすじ分かりやすいです!
> アニメみたことなかったんですが…
> 今めっちゃみたい!!です!笑


コメントありがとうございます。
そう言っていただけて、めっちょ嬉しいですww
修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。