スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【LIVEレポート】kamomekamome BEDSIDE DONORS TOUR行ってきたよ



超久しぶりのブログ更新。広告のお世話になってしまうという体たらくっぷり。

そんで、前クールのアニメの総評もまだ終わってないんですが、LIVEという生物はすぐに忘れてしまうので先に書いちゃうことにしました。

アンダーグラウンドな音楽シーンのバンドを、ライブハウスに行って腕を組んで偉そうに見るという何様なんだよっていう趣味がありまして、少しでもいいから良さを伝えられたらと。あわよくば、アニメの「ア」の字も知らないようなハードコアおじさんがこのブログにアクセスして、「セシリアぶひぃぃぃぃ」とか「にゃんぱす~」とかなったら世界はラブでピースな感じになるじゃないかな。

ζ*'ヮ')ζ<そんなわけねぇですー


まぁ、とりあえずの備忘録。


kamomekamome BEDSIDE DONORS TOUR

場所:八戸ROXX

初めて行ったハコでした。音響は決して良いとは言えないですけど、あの演者との近さはそんな小さいことは感じさせない、新感覚なのにどこか懐かしい、そんなライブハウスでした。バンドやったことあるひとなら分かると思うけど、スタジオで大音量で練習してる感じ。


1、channel 8



OFFICIAL

トップバッターということもあり、盛り上がりはそこそこ。POP PUNKとHARDCOREがいい塩梅で融合してて、激しいのに爽やか。それでいてスッと入ってくるメロディ。気持ちよかったっす。
熱いMCに若干の温度差を感じなくもなかったですが、ああやって煽れるのはすげーって思いました(小並感)。
応援したい気持ちで本人達がオススメする一枚を購入して帰ってきました。スッテカー一杯もらった。


2、Re:Turn



OFFICIAL

地元八戸で活動しているバンド。ノリノリのキラーチューンを演奏したかと思うと、ゆったり目のエモーショナルな曲をやったりと、演奏力の高さを見せられました。もうちょっとエモさがあったら個人的には嬉しい。
ドラムさんの纏まってない感じのMCは、ちょっと「なげぇな」って思いましたが、言いたいことはなんとなく伝わってきました。地方でのバンドのなんやらってヤーツですね。


3、F.I.B



OFFICIAL

なんというか、流石PIZZA OF DEATHって感じでした。もう、転換の時点でファンが準備運動してるってだけで、ヒーってなりました。後ろに逃げようとしたのですが時すでに遅しで、ゴツンゴツン。
LIVE自体は、場数踏んでるなーと思わせるほどの安定感で。ほとんど聴いたことのない私でも体が動いちゃうようなキャッチーさと疾走感。しかし、こういう演者たちって歳を感じさせませんね。若いなーって思っても30超えてる方が多いですからね。


4、To overflow evidence



OFFICIAL

お目当て。5年ほど前にライブハウスで見てからファンに。
うん、凄かった。それしか出てこない。
客席を見渡してみるとノリきれてない人が多かった気がするのが面白かった。聴きこんでる自分は平気ですけど、普通あんだけ展開変わったら、そりゃついてけないですよねww
また行ける範囲に来てほしいな。


5、kamomekamome



OFFICIAL

ONA FESで一度聴いたくらいだったんですけど、さらにカッコよくなってた。もっとゴリゴリ感が半端なかった記憶があった。トゲトゲした部分が丸くなったというより、そのトゲトゲの周りを何かで埋めたって感じ。何を言いたいのか伝わらないと思うんですが、結果良かったということで。
ドラムが超絶上手い。あと、ベースの人のシャウトが上手くなってた。


いやー、いいLIVEでした。八戸までは遠くはないのでまた訪れてみたいっす。が、あの一方通行の多さにはうんざりしましたwww
レコ発おめでとうございますm(_ _)m


nn1.jpg

ζ*'ヮ')ζ<れんちょん可愛いですー

アニメもしっかりレビューしないと。にゃんぱす~







のし
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。